レア度高め!お正月にしか登場しない地域限定のお菓子達

金沢のお正月限定の和菓子とは?

金沢の食文化って、全国的に人気がありますよね。和菓子にも独自の雰囲気があってファンもたくさんいます。和菓子の中には、金沢というエリア限定で食べられているレアなものがあるんですよ。しかもお正月だけなので、地元の人以外ではなかなか食べる機会がないかも!?そのお菓子はキュートな巾着袋の形をしていて、中におみくじが入っているフォーチュンクッキーのようなものや、昔話でおなじみの打ち出の小づちの中に土人形などが入ってるものなどがあります。

お正月とでっちようかん

水ようかんといえば夏シーズン限定の和菓子というイメージが強いですが、一部地域ではお正月に一家で食べるお菓子として定着しています。お正月用の水ようかんを、でっちようかんということもありますよね。見た目はあまり違いがないのですが、夏に売られている水ようかんと、お正月限定の水ようかんは作り方も異なっているので別物のお菓子です。地元の和菓子屋さんにとっては、年末の水ようかん特需は大きな稼ぎ時なのだそうですよ。

上品で愛らしい花びら餅

和菓子といえば、やっぱり京都!というイメージを持っている人も多いですよね。その京都にもお正月限定の和菓子があるんですよ。花びら餅のことなのですが、結構有名ですよね。お餅の真ん中に配置してあるごぼうが、ビジュアル面でも味覚の上でもちょっとしたアクセントになっています。花びら餅は高級な和菓子でもありますし、年末年始を京都で過ごすことになった時には、せっかくですから食べてみるのもいいかもしれませんよ。京都ならではのお正月気分になれます!

ずんだ餅は仙台をはじめ南東北エリアで昔から食べられてきた郷土菓子のひとつです。茹でた枝豆をすりつぶして砂糖を混ぜた甘い餡をお餅にまぶした緑がきれいなお菓子です。